ラクビ(LAKUBI)痩せない

ラクビは腸内環境の改善に貢献するサプリメント。


>>とりあえずラクビを見る?


腸内環境が改善されることによって、私たちはたくさんの恩恵を受けます。


このページでは、

ラクビ(LAKUBI)痩せない
ラクビがストレス軽減に貢献する理由
というテーマでお話ししたいと思います。




ストレスを感じる最大の原因は「セロトニン不足」

あなたは、ケーキなどの美味しいスイーツを食べると、パッと幸せな気分になるのではないでしょうか?


この時、美味しいスイーツを食べたことが刺激となり、あなたの脳内で「セロトニン」と呼ばれる神経伝達物質が分泌されています。

ラクビ(LAKUBI)痩せない

このセロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ(厳密にはホルモンではないが、ホルモンに似た働きをするため、このように呼ばれている)、人間の精神状態を安定させたり、安心を与えたリします。


もし、あなたがストレスを受けた場合、脳内からセロトニンが分泌され、ストレスに対抗していきます。


でも、脳内におけるセロトニンの分泌量が少ないと、ストレスに対抗しきれず、ストレスに打ち負かされてしまうわけです。

ラクビ(LAKUBI)痩せない

これがひどくなると、うつ病に発展してしまうのですよね。


このように、ストレスに対抗する上で無くてはならないセロトニンですが、実は、その働きは腸内環境に大きく左右されることが分かっています。




ラクビがストレス軽減に効果的と言える科学的根拠

脳内で分泌されるセロトニンが、なぜ腸内環境に影響されてしまうのでしょうか?


その裏付けとなるのが、腸内の善玉菌の増加がセロトニンの増加に繋がるという、下記の実験結果です。

九州大学の研究チームが行った実験なのですが、彼らは、腸内環境がマウスにどんな精神的影響を与えるかを実験したのですよね。

ラクビ(LAKUBI)痩せない

まず、腸内菌が全く居ない無菌マウスと、腸内菌が存在する通常マウスの2匹をそれぞれ狭い箱に入れ、一定期間動けなくすることで、過剰なストレスを与えました。


そうすると、腸内菌が全くいない無菌マウスは、通常マウスに比べ、ストレスホルモンが2倍出ていたそうです。

そこで今度は、無菌マウスにビフィズス菌などの善玉菌を投与してみました。


そうすると、無菌マウスのストレスホルモンの濃度は、通常マウスのレベルまで戻ったのです。


ストレスホルモンの濃度が正常に戻った要因は「腸内に善玉菌が増加したことにより、脳内のセロトニンの分泌量も増加したから」ということのようです。

2013年にアメリカで行われた実験では、腸内菌が無いマウスと、腸内菌が正常に存在するマウスを比較したところ、腸内菌が正常に存在するマウスの方が、脳内におけるセロトニンの量が圧倒的に多かったと言うのです。
ラクビ(LAKUBI)痩せない
これらの実験結果から、善玉菌が増加すると、それにつられて脳内のセロトニンが増加し、ストレスが軽減することが立証されたわけです。
「ラクビ」は酪酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を豊富に含んでいるサプリメント。


ですので、善玉菌の増加に貢献し、間接的に脳内のセロトニンの分泌を促進するわけです。


このような意味で、ラクビはストレス軽減に効果が期待できるということなのですよね。




ラクビの「ストレス軽減効果」を最大限に引き出すには

これまで、ラクビの整腸作用がストレス軽減に効果的というお話しをしてきましたが、ラクビを飲むと同時に、これを実践するとより一層ストレス緩和に効果ありますよ~というお話しをしたいと思います。


なぜかと言うと、ラクビを飲むと同時に自分自身でできるストレス対策をする、この両輪を回すことによって、よりストレス軽減効果が高まるからです。

今回は手軽に実践できるストレスのセルフコントロールを2つ紹介します。

腹式呼吸を心掛ける
人間の呼吸は「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の2種類あります。

実は、胸式呼吸は取り込んだ酸素を体に取り込みにくい呼吸と言われています。そのため、心が落ち着きにくいのです。

逆にお腹での呼吸(腹式呼吸)はたくさんの酸素を体に取り込めるので、リラックスしやすいと言われています。

生活リズムを整える
朝早く起床し、夜早く寝る習慣は、自律神経を整える効果があります。

生活リズムが乱れると、自律神経のバランスが崩れ、それが引き金となりストレスを感じやすくなります。

ですので、生活習慣を心掛けることがとても大事です。

これらは、今日からでもすぐ実践でき、手軽なストレスのセルフコントロールですので、もしあなたが「最近ストレス感じてるな」と思うのであれば、ラクビを飲むと同時にこれらを実践してみて下さい。

>>【公式】ラクビの公式サイトはこちら