ラクビ(LAKUBI)40代

ヒトの腸内フローラは、コツコツ改善していけば変えることができ、ラクビはそれをサポートするサプリです。


>>ラクビを見る?


しかし、年齢が高くなるほど腸内フローラの改善には手間と時間がかかってしまいます。


ですので、このページでは、

ラクビ(LAKUBI)40代
  • 40代になると腸内フローラが悪化する
  • 40代を過ぎてもラクビを上手に使用すれば腸内フローラの改善が見込める
・・・というお話しをしたいと思います。




40代で腸内フローラは悪化する、でも改善は可能

「食生活を変えれば、腸内フローラが変わる、腸内フローラが変われば健康になったり肥満を解消できる」


よく耳にするフレーズでもありますが、これを聞くと私は長年親しくしている夫婦の経験談を思い出します。


彼らは、もともと都内の江東区のマンションに住んでいたのですが、夫婦2人も40代になると喘息や食物アレルギー、下痢や便秘などの不調を感じるようになってきたようです。

ラクビ(LAKUBI)40代

しばらくしてから、私のところに連絡があり、喘息の治療のために都内のマンションを引き払って、群馬の田舎町に引っ越したとのこと。


そこでの生活は、ほとんど自給自足。自分たちで野菜を育て、釣った魚を食べるといった驚くものでした。


東京にいたときは、喘息や食物アレルギー、腸の不調に悩まされていたわけですが、このような生活にスイッチしてからは、そういった不調がまったくなくなったというのです。


実は、>>こちら<<のページでもお話ししましたが、喘息や食物アレルギーなどの「アレルギー」の原因は、腸内の腸壁に穴が開いていたり、弱っていたりするがゆえに免疫が低下したことによるのです。


彼らは、田舎町に引っ越して食生活が変わったことによって、腸内環境が改善し、アレルギーや腸の不調を克服できたわけです。

ラクビ(LAKUBI)40代

後述でもお話ししていきますが、年齢がすすめばすすむほど腸内環境を改善するのは、簡単ではなくなってきます。


しかし、先に紹介した40代の夫婦が腸内環境を改善できたように、皆さんにも改善の余地はあります。


>>ラクビは40代でも効果ある?




ラクビは救世主となるか?40代から腸内フローラは悪化の一途をたどるワケ

実は、腸内フローラは40代を過ぎたころから急激に悪化していきます。


腸内フローラが悪化するとは、全体的に腸内菌が減少する、かつ善玉菌が減少し、悪玉菌が増加することを意味します。


下記の図は東京大学名誉教授で微生物学者、農学博士で腸内細菌の第一人者でもある光岡知足氏が「腸内細菌学雑誌」の中で紹介した「加齢に伴う腸内菌の変化」です。

ラクビ(LAKUBI)40代

「腸内細菌学雑誌」をもとに作成


このグラフを見ると、成年期から老年期に入るくらいのタイミング(黄色マークしてある部分で、だいたい40代と考えて下さい)から、腸内フローラが大きく変化しているのが分かると思います。


特徴的なのは、すべての悪玉菌が急激に増えてしまうこと。


逆に、良い腸内環境づくりには欠かすことのできないビフィズス菌は大きく減少していってしまうのです。


詰まるところ、一般的には誰しもが40代に入ると腸内フローラが悪玉菌主体となる傾向があり、腸内環境が悪化するのです。

前項で紹介した40代の夫婦が40代を過ぎてから、喘息や食物アレルギー、腸の不調を感じるようになったというのもうなずけます。


腸内フローラは、放っておくとどんどん悪化していってしまいますから、特に40代からは腸内環境をよい状態にキープするための取り組みが必要になってくるわけです。


>>ラクビは40代におすすめ




ラクビと一緒に実践がおすすめ「腸内フローラが喜ぶ食生活」

40代からは腸内フローラの働きを良くしていく必要がありますが、おすすめするのは、ラクビを上手に使用することです。


ラクビは、腸内菌が「短鎖脂肪酸」を作り出すためのサポート役です。


ラクビに含まれる酪酸菌(これは短鎖脂肪酸の一種でもあるのですが)、オリゴ糖、サラシアエキス、ビフィズス菌などは、腸内でとりわけ善玉菌のエサになります。


エサをたくさん食べて腸内菌が働くようになると、腸内菌が代謝物として短鎖脂肪酸を作り出すというわけです。


こうしてできた短鎖脂肪酸は、腸内にて腸壁に開いてしまった穴を塞いだり、腸粘膜を強化して免疫を強めるため、アレルギー物質が体内に潜り込んで悪さをすることもなくなります。

ラクビ(LAKUBI)40代

また、短鎖脂肪酸そのものも、栄養とともに腸壁から吸収されて血液を通じ全身を回ることになります。
その結果、脂肪細胞に行き着いた短鎖脂肪酸は、脂肪細胞が蓄積されるのを抑制したり、燃焼を促したりするわけです。
「40代から急に太りやすくなった」という人はとても多いですが、その理由の1つは腸内環境の悪化のため、短鎖脂肪酸が十分に作られていないがゆえのものなのです。


しかし、ラクビを使用しているからと言って安心してしまうのは禁物。


ラクビを使用する一方で、腸内フローラの働きを悪くする食生活をしていては効果も半減してしまいます。


ですから、腸内フローラの働きを弱める加工食品や、小麦食品(グルテン)は極力避けること、発酵食品、食物繊維、タンパク質を積極的に摂取することがとても大切なのです。

ラクビ+腸内菌が喜ぶ食生活が腸内環境の改善の近道です。


>>ラクビは40代におすすめ