ラクビ(LAKUBI)効果

多くの人の腸に穴が開いて内部のものが漏れ出し、体の不調や肥満を引き起こしている。


この実態は>>こちら<<のページで解説したとおり。


ですので、このページでは、

ラクビ(LAKUBI)効果
  • 「ラクビ」ユーザーなら知っておきたい!腸に無数の穴を開ける「小麦」の脅威
  • ラクビの使用と合わせて実践してほしいグルテンフリーの食生活
・・・というお話しをしたいと思います。




「ラクビ」ユーザーに脅威?「小麦」が腸に穴を開ける

私たちの腸は健康な状態であれば、腸粘膜のバリアーが強力に働き、腸まで侵入してきたウィルスや病原菌などの異物が腸壁を通過することはありません。


しかし、腸に穴が開いてしまっている場合、腸の内部にあるはずの、未消化の高分子の栄養や、腸内細菌、病原菌やウィルスが血中に漏れ出してしまいます。

こうして血中に「異物」が放出されると、それをやっつけようと、白血球が侵入者を攻撃するのです。

ラクビ(LAKUBI)効果

その結果、体内で「異物VS白血球」のバトルが繰り広げられ、あちこちで炎症が起こります。


これが、アレルギー症状として表れるわけです。


さらに、侵入者が肝臓に入り込み炎症を起こして肝臓を傷つければ、その負担が「慢性疲労」となって表れますし、肌細胞に侵入者が入り込み炎症を起こせば、吹き出物などの肌荒れを引き起こします。


また、血管内のあちこちで炎症が起こることは、血流を悪くするので、肥満の原因にもなり得るのです。


このように、私たちにとって腸に穴が開くということは、ぜひとも避けたいことですし、予防したいことでもあります。


しかし、私たちが主食としているものの中には、腸に穴を開ける要因になったり、穴を広げてしまう食べ物があるのです。
ラクビ(LAKUBI)効果
実は、それは「小麦」です。
では、私たちが毎日のように食べる小麦がなぜ腸に穴を開けてしまったり、穴を広げてしまうのかを後述したいと思います。


特に、ラクビのユーザの方には、ぜひ知っておいていただきたいことにもなります。


>>ラクビを見る?




痩せない・体の不調はグルテンが腸内環境を脅かしているから

腸に穴を開けたり、それを悪化させたりする要因となるのは、小麦に含まれる「グルテン」と呼ばれるタンパク質です。


実は、本来小麦はこのような「危険要素」を持たない食物でした。以前の小麦にはそれほど「グルテン」が含まれていなかったので安全だったのです。


本来の小麦は、秋に種をまき、翌年の夏に収穫する「冬小麦」が基本でした。


しかし、食の欧米化がすすみ、小麦の需要が増加したため、他の季節でも収穫できる品種が開発されたのです。


今では、国内に流通している小麦のほとんどは「品種改良されたもの」のようです。

ラクビ(LAKUBI)効果

この品種改良は、小麦の遺伝子を組み替えるという方法で改良されているので、本来自然界には存在しなかった「人によって作られた小麦」なのです。


このような遺伝子組み換え済の小麦には、本来の小麦の何倍もの「グルテン」が含まれます。

このグルテンは、パンやピザ、ケーキをふわふわにさせたり、ラーメンやうどんなどの「麺」の食感をアップさせたりするので、人気なのですが、その一方で、私たちの腸内環境を脅かします。


グルテンに含まれる「グリアジンタンパク質」は小腸内で「ゾヌリン」という物質を放出する特徴があり、このゾヌリンは腸壁を覆う腸粘膜を弱体化させる作用があります。


さらに、改良小麦に含まれるでんぷん質は、ブドウ糖に変換されるのが異常に早いため、血液中の糖濃度が急激に上昇してしまうのです。


その結果、血液中の糖を脂肪細胞にしまい込むシステムが作動して、肥満を引き起こすわけです。


ですから、小麦を普段からよく食べる私たちは、もしかしたら知らないうちに腸に穴が開いていて、不調や肥満の原因はそれなのかもしれません。


>>ラクビを見る?




「ラクビ」ユーザー必見!腸に穴が開いているかをチェックする方法

2014年に順天堂大学と、ヤクルト中央研究所の共同グループがおこなった研究結果によると、健康な人50名のうち、2名の血液中から「腸内細菌」が発見されたようです。


つまり、これは腸に穴が開いていて、その穴から腸内菌が漏れ出しているということの裏付けです。

ラクビ(LAKUBI)効果

この実験では、腸内細菌に限って調査されたわけですが、腸に穴が開いている場合、腸内細菌だけでなく、未消化の食べ物やその他の異物も漏れ出す可能性もあることを考えると「腸もれ」を起こしている人は実際にはもっと多いと考えられます。


ですから、腸に穴が開いているということは決して他人事ではないのです。


実は、腸に穴が開いているかどうかは、専門機関で血液中の抗体を詳しく調べないと分かりません。


しかし、腸に穴が開いていることを簡単に調べる方法があります。


先にもお話ししたように、腸に穴が開いていることによって、内部のものが漏れてしまい、各所で炎症を起こすこため、慢性疲労や肌あれなどの様々な不調が引き起こされるわけです。

ですから、グルテンの摂取を中断した結果、体の様々な不調が改善されるのであれば、あなたは腸に穴が開いている可能性が高いということになります。


腸内環境の改善を目的としている「ラクビ」のユーザーの方なら、腸内環境に関する意識が高いと思うので、これを知りたいと思うのではないでしょうか?


>>ラクビを見る?




ラクビの使用と合わせて実践したいグルテンフリーの食生活

グルテンは、腸内に穴を開ける要因になること、そして、自分の腸内に穴が開いているかを確認する必要があることを考えると、いち早く「グルテンフリー」の食生活に切り替えることをおすすめします。


要するに、「小麦断ち」をすることが、腸内の穴の修復や予防に役立ったり、自分の腸に穴があるかどうかを知ることにつながるわけです。


おすすめなのは、2週間の間「小麦断ち」をすることです。

ラクビ(LAKUBI)効果

例えば、パンやパスタをはじめ、ラーメンやうどん、ケーキや餃子など、小麦が入っている食品の摂取を中断するわけです。
ラクビ(LAKUBI)効果
それを週間継続した結果、これまでの体の不調が改善されるのであれば、あなたは腸に穴が開いている可能性があります。
実は、グルテンフリーを実践することによって、不調が改善された人はたくさんいます。


ここで実名をあげることは控えますが、有名女優さんや、有名スポーツ選手の方など、たくさんの人がグルテンフリーを実践することで、若々しさを保ったり、パフォーマンスを向上させたりしているのです。


しかし、腸の穴を修復したり予防するのに有効なのは、グルテンフリーだけではありません。


実は、ラクビに含まれる成分が腸の穴の修復や予防に有効に働くと考えられるのです。


そのことについては、>>こちら<<で詳しくお話ししたいと思います。


>>ラクビを見る?