ラクビ(LAKUBI)男性

ラクビは腸内環境を整えてダイエット効果を目的としたサプリなので、女性の購入者がほとんどのようです。


>>ラクビを見る?


しかし、むしろ男性の方こそラクビで腸内環境を改善してほしいと思うのです。


なぜなら、女性より大腸ガンの発症率が高い男性は、腸内環境を改善することで大腸ガンのリスクを減らすことができるからです。

ですので、このページでは、
ラクビ(LAKUBI)男性
  • 男性は大腸ガンになりやすい
  • ラクビが間接的に大腸ガンのリスクを軽減する理由
・・・についてお話ししたいと思います。




女性より男性の方が大腸ガンになりやすい

実は統計上、女性より男性の方が大腸ガンになりやすのです。下記の表を見て下さい。

※画像をクリックすると拡大します

ラクビ(LAKUBI)男性

この表が示すのは、年齢別の大腸ガンの「羅患率(りかんりつ)」です。羅患率というのは、簡単にいうと人口に対する疾病の発生率です。 見てお分かりのとおり、大腸ガンの発生率は女性より男性の方が圧倒的に多いのです。


大腸ガンの原因は何なのでしょうか?


実は、その大きな原因が「腸内環境」にあるのです。




男性がなりやすい大腸ガン
原因は腸内環境?

「ガンは遺伝するもの」「親族にガンになった人がいるから自分もガンになるかもしれない」と考える人は多いのではないでしょうか?


確かに“ガン”に遺伝性があることは立証されています。しかし、遺伝が原因で発症するガンは全体の5%ほどなのです。


ガンの約70%は、遺伝的な理由ではなく、喫煙、不摂生な食習慣、運動不足、飲酒などの後天的な要因が原因となって発症すると言われています。
特に大腸ガンの場合は、腸内環境の悪さが原因で発症するケースが非常に多いとされています。

これには、腸内菌が大きく関係してきます。


私たちの腸内は総重量約1kg、数百兆個の腸内菌が存在していますが、これらの腸内菌は3つに分類されるわけです。
  • 善玉菌
    ビフィズス菌や乳酸菌に代表される良い菌。食べ物の消化・吸収を促進したり、有害な物質が腸内にとどまりにくい腸内環境を作る菌。


  • 悪玉菌
    ブドウ球菌、大腸菌などに代表される悪い菌。消化の悪い食べ物をエサにして、腸内に発ガン性のあるものを含む有害な物質を作る菌。


  • 日和見菌
    普段は善玉菌にも悪玉菌にも属さないが、どちらかが優勢になると、優勢な方に見方する菌。
上記のとおり、腸内に棲む「悪玉菌」は大腸ガンを引き起こす因子なのです。


健康な腸内の場合、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つの腸内菌が3:1:6の割合で常在しているのですが、何らかの原因で悪玉菌の割合が増えてしまうと、大腸ガンのリスクも増大するということになります。




大腸ガンのリスクを軽減するために必要なこと

先にもお話ししたとおり、大腸ガンの発症リスクは悪玉菌を抑制することで軽減できます。


そもそも悪玉菌が増える原因は何なのでしょうか?それがはっきり分かれば良い腸内環境を作れますよね。

悪玉菌を繁殖させてしまう要因となるものはいくつもありますが、ここではもっとも代表的な3つを紹介します。

ここまで、腸内に悪玉菌を増やすもっとも代表的な3つの要素について解説しましたが、腸内環境を整えるにはこられを早急に改善していかなければなりません。




ラクビは大腸ガンのリスクを軽減できる?

これまで述べてきたように、腸内に悪玉菌を繁殖させないためには生活習慣を改善していく必要があります。


それと同時に、悪玉菌の反勢力である善玉菌を普段から積極的に「食べる」ことも必要です。

善玉菌はビフィズス菌や乳酸菌、酪酸菌や納豆菌などに代表されるヒトの腸に良い菌。


善玉菌は、腸内を弱酸性にする働きがあるのですが、この弱酸性の環境下では悪玉菌は繁殖しにくいのです。

ラクビ(LAKUBI)男性

しかし、ヨーグルトや納豆などの善玉菌を含む食品を長期に渡って毎日食べ続けるのは大変ではないでしょうか?


その点、ラクビは酪酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、さらに善玉菌のエサとなるオリゴ糖が濃縮されているので、手軽に毎日、しかも効率よく善玉菌を摂取できます。


ですから、ラクビは継続が苦手な方や普段忙しい方に特におすすめのサプリです。


>>【公式】ラクビの公式サイトはこちら